事実は小説よりも奇なり

非日常的な日常を書いてます

嫌よ嫌よも好きのうちって言うけど本当に嫌がってるよね

 

英語が嫌いだ。

あ、洋楽は別ね。
nirvanaとかQUEENとかめっちゃ好き。

 

だけどね、英語の勉強ってなるとまじで嫌いだった。

 

高校時代は英語で赤点ばっかしとってたし、大学のセンター試験でも現役時代200点満点中80点しかとれなかったし。
授業中も先生からhoweverっていう基礎中の基礎ともいえる英単語の意味を聞かれて答えられなくて、まじで怒られたりなどなど。

 

こんな英語嫌い&できない人間なんだけど何故だか街を歩けば外人によく話しかけられる。

 

何故他に英語めっちゃできそうな人いっぱいいるのに俺を選んだ??ってなるくらいまじで話しかけられる。

 

だけどねさすがに無視する訳にはいかないからね、一応頑張って対応はしてる。

 

楽器持って梅田歩いてたら、外人から「プリーズ ピクチャー」って言われたからオッケーって言って一緒に写真撮ろうとしたら、「お前はいらないから楽器だけ貸してくれ」みたいなこと言われて外人が俺の楽器持ちながら一人で写真撮ってるのを眺めたり。

 

パン屋でバイトしてる時に「what is あんこ」って聞かれた時には「ノーチョコレート、バット スウィート デリーシャス」っていう訳の分からない説明で押し切ったのもいい思い出。

 

そんな感じで外人と接してるとね、英語なんて喋れなくても、分からなくても通じ合えるんだと、大切なのは話そうとする意識だけなんだという大切なことを学んだ気がする。

 

そんなある日、バイト先に外人が来て「ウェアー イズ サブウェイ」ってサブウェイどこにあるの??って聞かれたので普通に場所教えてあげたの。

 

そしたらね、数分後何故だか怒りながら戻って来たの。

んで、話をよく聞いてみるとサブウェイって地下鉄って意味なんだね。

 

普通にチェーン店のサブウェイどこかって聞かれてるのかと思って答えちゃってたよ。

 

やっぱり、英語の意味は知っといたほうがいいみたいですね。

あなたにとってマラソンとは?

 

なんか知らないけど職場でマラソンが流行りつつある。

 

職場のマラソン好きの人が集まって休日に大阪城走ったり、どっかのマラソン大会に参加したりしてるらしい。

 

そんな感じだから「一緒にマラソンしようぜ!」ってなんか「みんなもポケモンゲットだぜ!」みたいなノリでめっちゃ誘われるんだけど。

 

一応気を使って「機会があれば参加します」みたいな感じでめっちゃごまかしてるけど、マラソンって全然好きじゃない…

 

マラソンの何が面白いのか分かんないっていうのもあるけど、マラソンに対していい思い出がないっていうのももしかしたら大きいのかもしれない。

 

友達と朝早くに健康のために走ろうぜってなった時なんか、普段寝るのが夜中の2時位で5時に起きて走ってたから、毎日寝不足で2〜3日もしたら風邪引いたし。

 

高校生の時、体育の授業でマラソンしたときは途中で腹痛くなったけど無理して走ったら、その日の午後の授業になっても腹痛が治らなくて、病院に行ったら胃腸炎って診断されてしばらく学校休んで寝込んでたし。

 

なんかもう体がマラソンを受け付けてないとしか思えない。

 

ただね、マラソンのタイム自体は別にそこまで悪くない。
っていうかむしろいい。

 

だけどね、やっぱり思い返してみるとマラソンに対していい思い出がない。

 

特に高校生の時の学校行事のマラソン大会なんか酷かった。

 

当時所属してた卓球部で、「マラソン大会で300人中30位以内に入れたら、今月の部費500円免除」っていうのを急遽企画したの。
筆者は当時超絶お金なかったんで、本気で走った。

 

それはさながら、セリヌンティウスのために荒れ狂う濁流や襲い来る山賊にも負けずに走ることをやめなかったメロスのように。

 

そんなこんなで走ってるとゴールまであと少し、順位も少なくとも30位以内はかたい。

 

しかし、そこで事件は起こった。

 

なんと、先生の指示ミスのせいで走るコースを間違えてしまったのだ…

 

気付いた時には後ろ走ってた人に抜かされまくってて、35位になってしまった…

 

今なら競歩の試合でスタッフの指示ミスのせいで途中棄権扱いになった山崎さんの気持ちがわかる気がするなんて思ったり思わなかったり。

 

そんなこんながあったけど、機会があればなんて言った手前一回位参加した方がいいのかななんて思い、先輩にマラソン大会の話を詳しく聴いてみることに。

 

以下先輩のエピソード
その日は子供のサッカー見に行かなあかんから行きたくなかったけど、無理やり連れていかれた。
しかも、一緒に走ってたら急に先輩が足痛いって言い出して、「俺もう走られへんからリタイアする、お前は一人で走っといて」と言われ、一人で走るはめになった。
他エピソード多数

 

 

うん、絶対行かんとこ。

好きです!パンク!嘘です!

 

以前書いたように、配属先がバイク足りてない関係で仕事の移動は自転車です。

 

それはいいんだけど、会社の自転車のパンクが異常に多い。

 

たぶん半年の間に5回はパンクしてたと思う。

 

 

いやね、うすうすおかしいと思ってたよ。

酷い時なんて、パンク修理してから2〜3日でパンクしたことあったし。

どう考えても自転車がおかしいとしか思えないけど、当時は俺の乗り方が悪いからこうなるんやと理不尽なこと言われてた。

 

で、5回目のパンクの時いつもは会社に修理の人が来てくれるんだけど、なんか信用できないから近くの自転車屋にみてもらうことに。

 

店員「この自転車タイヤがめちゃくちゃすり減って薄くなってますね。これやとちょっと尖ったもの踏んだだけですぐにパンクしますよ」

 

会社に言って速攻タイヤ交換してもらいました。

 

なんていうか、2〜3ヶ月乗ってるのにまったくパンクしないっていうのは感動するね。
当たり前のことなんだけど。

 

ていうか、自転車のパンク問題は昔からめちゃくちゃ多い。

 

中でも一番印象に残ってるのが高校生の時。

 

当時、友達を駅まで二人乗りして送ってあげてたんだけど、いつものように友達が後ろに座った瞬間「プシューッ」って聞こえてくんの。

で、見てみると案の定パンクしてた。

 

とりあえず、友達送るのやめて高校から一番近い自転車屋に直行。

20〜30分位自転車押してようやく到着。

すると問題発生。

 

自転車屋の看板「本日は店主の都合により急遽お休みをいただきます」

 

この自転車屋年中無休って看板に書いてあるんだけど…
全然年中無休じゃなかった。

25年生きてきてついにスタバ童貞を卒業した

 

祝スタバ童貞卒業!

 

 

スタバって生まれて来て25年経つけど一回も行ったことなかった。

 

いやね、カフェオレ系の飲み物ってあんま好きじゃないし値段高いしってことで今まで行かなかったんだけど、行ってみるとめっちゃいいね。

 

 

まず受付の店員さんがめっちゃ可愛かった。
普通に乃木坂とかにいそうな感じの子でした。
スタバってやっぱ顔採用とかしてんのかな??

 

んで、いざ注文になったけど、メニューが何書いてあるかまったく分からん。
一番上に書いてあるドリップコーヒー以外名前見てもどんな飲み物かまったく想像つかない。

そんなわけで、「カフェモカにします…やっぱりキャラメルなんちゃらにしようかな…」みたいなくだりを一人で延々やってて、スタバ童貞臭がもろにでてた。

 

とりあえず、メニューはたぶん甘い飲み物だろうということでキャラメルなんちゃらに決定。(名前まったく思い出せない)

んでメニュー決まった後に、店員のお姉さんから「メニュー結構迷ってましたけど、どういうとこで迷ってたんですか?」と笑顔で質問される。
何この展開?もしかして恋的な何かが始まる感じ??と思ったり思わなかったり。

 

ここで店員さんに「実はスタバ初めて来たんでメニューが全然分からなかったんですよ」とスタバ童貞であることを告白。

 

そしたら、「確かにスタバのメニューって分かりにくいですよね。私もここで働くまで全然分からなかったんですよ。ちなみにこのメニューは(以下略)」といってメニューについてめちゃくちゃ色々教えてくれた。

とりあえず、カフェモカがチョコレートでホワイトモカがホワイトチョコレートが入ってるということは分かった。
あとは何言ってたのか全然分かんなかった。

お姉さんすいません。

 

そんな感じで色々教えてもらった訳です。
そしたら店員さんが「よかったら、カフェモカちょっと飲んで行きませんか?」と言って少し飲ませてくれることに。
思わず「いいんですか」ってちょっと叫んじゃったよね。

お姉さん本当にありがとう。

 

んで、会計も終わってレジの前でドリンクの完成まってたら、「ドリンクは受け取り場所が決まってるんですよ」と言ってレジの隣のカウンターに移動。
スタバって受け取り専用の場所があるんだ…とちょっとしたカルチャーショック。

 

そして、いよいよドリンクを受け取ります。
スタバ童貞の僕でも知ってるんですよ。
ドリンクの容器に店員さんがなんかかわいい絵描いてくれたり、一言メッセージ書いてくれてることを。
わくわくしながら容器見ると「thanks」の文字が。

うん、すごい嬉しいんだけど、なんていうのかな、期待しすぎてハードルめっちゃあげてたからなんか中途半端な感じのリアクションに。

 

んで、いざキャラメルなんちゃらを飲むことに!

その前にお姉さんから「飲む前にストローでよくかき混ぜると美味しいですよ!ただ私はミルク多い方が好きなんで最初軽く混ぜてミルク多めを楽しんでからしっかり混ぜるのが好きなんですよ」とアドバイスもらってたので、その通りに飲むことに。

 

 

うん、全然混ざらない。

キャップでストローめっちゃ、固定されてるせいで全然混ざんない。
底の方飲んで見たけど完全にミルクの味しかしないよね。
スタバ童貞にはハードルが高すぎる。
その時見るに見かねた知り合いがめっちゃかき混ぜてくれたんだけど、こんなきれいに混ざるもんなんだね。

味はキャラメルなんちゃらもサービスしてもらったカフェモカもめっちゃ美味かった。

正直スタバあなどってたよ。

 

そんな感じでしばらく話してると、店員さんが「お連れの方にもサービスです」って言ってカフェモカサービスしてもらった。

あんたどんだけいい人なんだよ。

 

それだけじゃなく、「来週でる新作なんでよかったら飲んでください!」って言って二人分のイチゴのドリンク(すいません、名前思い出せないです)もサービスしてくれた。

もうやられましたわ。
スタバってこんないい店だったんだね。

25年間の人生めちゃくちゃ損してたわ。

 

 

とりあえず、また今度ここのスタバにまた来ようと決心しました。

おもひでぽろぽろ

 

おもひでぽろぽろ

間違いなくジブリを代表する名作の一つ、皆さんは見たことありますか??

 

おそらく、ほとんどの人が見たことがある作品でしょう。

 

 

僕は一回も見たことないですが。

 

 

いやね、正確には金曜ロードショーでやってるのチラッとだけ見たことがありますよ。

 

確かその時、主人公の家族らしき人たちがね、なんか知らんけどパイナップル食べてた。

そしたら、みんな「不味い」と言って残すなか、主人公の女の子が意地になって全部食べようとするのを家族が「やめとき」といって食べるのをやめさそうとして、最後にお母さんが「やっぱり果物の王様はバナナね」なんて言っているわけですよ。

 

なぜか、そのシーンだけ覚えてるの。

おもひでぽろぽろ」がどんな話か全然分かんないけどそれだけは知ってるの。

 

こんなん、覚えててなんの役に立つねんて思ってたけど、まさかその知識が使える日がくるとは思ってなかったよね。

びっくり、人生って何が役に立つか本当に分かんない。

 

 

あれは大学4回の冬、ゼミの合宿で皆で晩飯食べてる時、先生が急に「果物の王様ってなんだったっけ?」っていいだしたの。

 

そしたらね、あの光景がすぐさま蘇ったの。

お母さんがちょっとエロティックな声でため息まじりに「やっぱり果物の王様はバナナね」って言ってるのが脳内でめっちゃリピートされてるの。

 

もう思わず「果物の王様はバナナですよ」って叫んだよね。
あの時見たシーンはこの日のためにあったのかってちょっと思ったり思わなかったり。

 

そしたらね、他のゼミ生が「いや、果物の王様はドリアンやろ」とか言い出すの。

はいはい、ちょっと待って、こっちは「おもひでぽろぽろ」情報だよ、天下の宮崎駿だよ。
「こいつまだまだだな」って思いながらググったら、ドリアンってでてくんだけど…

 

バナナのバの字も出てこないんだけど…

 

 

こんなことを、バナナ見るたびに思い出す。

 

おもひでぽろぽろ」ってこういう話だったんだろうな。

宮崎駿の伝えたかったことはこういうことだったんだろうな。

 

いや、絶対違うな。

もらえるものは病気以外ならなんでもイタダくぜ

 

確かこのタイトルジョジョの名言であったはず。


あれは確かジャイロがタイムボーナスを狙ってた時のこと。


うろ覚えやけど。

 

タイトル通りいつも色々なものをいただきます。

 

別にいつもなんかくれくれ言ってるわけではないです。
一応名誉のために。

 

仕事の関係でお年寄りのお家に訪問することが多いんで、その時に良かったらこれ持って帰り、食べていきって言ってもらうことが多いのです。

ありがたい話です。

 

一番多いのは、お客さんの家に訪問した際に、コーヒーやお菓子なんかいただくことですね。

ただごくたまに、「何これ?」ってなるようなものをいただくこともあります。

 

 

以下例。

 

 

賞味期限の半年過ぎたコーヒー。

会社の先輩に気づかんとあげたら後でめっちゃ怒られた(笑

 

もういらんからということでもらった、熟女モノのAV。

「ほんまにいらんもの押し付けられた」思いながら会社にバレないように家に持って帰りました(笑

 

あんた良かったらこれ使ってと言ってもらった薬用シャンプー。

まだ髪の毛大丈夫なはずなんだけどな…

 

そして昨日、昔鏡屋してたけどもう引退して邪魔やからということで、学校のトイレにある位の大きさのアンティークの鏡。

思わず「ほんまにいいんですか?」って聞き返したよね
普通に嬉しかったけど持って帰るのめちゃくちゃ大変だった。

 

などなど数え上げればキリがない。

 

そんななか一番印象に残ってるのが、「私、あんたにこれ読んでほしいと思ってこの前かってん。良かったら持って帰って」と言ってもらった「幸せになるための10の法則」という本。(タイトルは若干うろ覚え)

 

確かに友達とかいろんな人から「もっと幸せそうな顔したら」とか「不幸なオーラしか感じない」と言われ続けてきたけど。

 

一応お礼言って持って帰りました(笑

 

その後、その本のおかげか分かんないけど、不幸そうな顔してるとは言われなくなりました。

 

その本一回も読んでないけど(笑

牛丼一筋300年 早いの 美味いの 安いの〜

牛丼を考えた人は天才だと思う。

 

300円もあれば食べられる安さ、5分も座ってたらすぐでてくる早さ。
キン肉マンでなくても虜になること間違いなしの国民的な料理。

 

牛丼嫌いな人なんていないんじゃないかな。

 

筆者も学生時代はめちゃくちゃお世話になってました。

 

でも、なんてゆうのかな、お世話になりすぎて牛丼飽きた…
例えるならそれは、お互いに近すぎて、一緒に居られるだけで幸せということを忘れてしまった倦怠期の恋人のように。

 

うん、ちょっと違うかもしれないね。

 

 

高校3年の時、受験勉強のため毎日塾の自習室にこもってたんだけど、金がなかったっていうこともあって昼飯は毎日某牛丼のチェーン店で食べてた。

 

風俗大好きな先輩が「チェーン店にはチェーン店になるだけの理由がある」と言う名言を残しているのだがまさにその通り。

 

安いし、早いし、味もうまいしで、すごく助けられた。
夏休みの間毎日昼飯そこで食べるくらいお世話になった。

 

でもね、想像してほしい。
毎日昼飯牛丼ですよ、そりゃあ飽きますよ。

 

それでね、毎日牛丼と豚丼をローテーションで食べれば飽きずに毎日昼飯たべれるんじゃね??という天才的な発想にいたったわけです。

ただね、一週間もしたらもう飽きた。
ていうか、途中から牛丼より豚丼の方が安いし美味いということに気づき、毎日豚丼食べてた。
牛丼屋なのに牛丼全くたべてない。

 

そんなこんなで、無事夏休みが終わった頃には、牛丼屋はもういいってなってたよね。

 

実際、それ以降牛丼屋行くことは年に数えるほどしか行かなくなったし。

 

 

 

そんな高校生の時の牛丼屋事件?から7年がたったある日、再び事件は起こった。

 

それは、筆者の誕生日、会社の先輩が「今日誕生日やから飯おごったる」と言ってくれたのだ。

 

飯を奢ってくれるのはすごくありがたいことなんだけど、勘のいい人ならもう分かってると思うけど牛丼屋だったんだよね。

おまけに、その日キャンペーンで牛丼通算7杯食べたらお皿か何かがもらえるっていうのやってたんだけど、先輩がめちゃくちゃほしいと言いだした。

それだけならまだいい。
「一人で7杯食べきって、お前が皿もらう姿を見てみたい」という無茶な要求はちょっとひいたよね。

 

もうね、地獄だった。
「何で俺誕生日にこんなに牛丼食べてんねや?」って食いながら考えてたよね。
てか2杯目食べた時にもうこれは無理だと思って牛丼から豚丼に変更したけど、あんまし意味はなかった。

で、結局4杯食べた時点でもうギブアップ。

いや結構頑張ったと思うよ。

皿は、先輩が頑張って3杯食べたので一応もらえました。

 

さて、そんな二度目の牛丼事件の後、タイミングの悪いことに街コンの予約入れてたんだよね。
しかも、その街コンが皆で美味しいご飯を食べながらみたいなコンセプトなわけで、もう再び地獄なわけですよ。

牛丼食いすぎて吐きそうになってるなか、お腹空いてるふりして、飯食って女の子と喋るという。

 

色んな人から連絡先聞かれずに、体調のこと聞かれたよね。

 

もちろん、その街コンで女の子と発展することはなかったです。