読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実は小説よりも奇なり

非日常的な日常を書いてます

バイクの免許欲しいな、そしたらバイクも欲しいな、でも結局ウダウダしてた一昨年の夏

 

最近の仮面ライダーってバイク乗らないらしい。

 

オッケー、ちょっと待とう。

 

仮面「ライダー」だよね?

それが今やバイクじゃなくて電車とか車乗ってるからね。
藤岡ひろしもビックリだよ。
そもそも初期の仮面ライダーってバイク乗らないと変身できない設定だからね。

 

だからね、今の時代バイクなんて乗れなくても問題ない訳ですよ。


でもね、うちの会社が採用条件にバイクの免許持ってることなんて書いてる訳ですよ。
仮面ライダーだってバイク乗らない時代に何言ってんだこいつとか思いながらも、会社命令じゃ仕方ない訳で教習所とか行くじゃないですか。

 

 

もうね、ビックリした。

 

 

自分の運動神経のなさに。

 

「たぶん普通に走った方が早いんじゃね?」ってくらい前に進まない。

少し走ってこけて、バイクおこして、また少し走っての繰り返し。
「これがタイムリープか」なんて一人で感心。
そんな調子だから教官も怒るよね。
教官がまた熱い人で、見た目藤岡ひろしなのに中身松岡修造な訳ですよ。
何この最強の組み合わせ??

 

そんなこんなで藤岡ひろしに教習所ってこんな怒られんのってくらい毎日めっちゃ怒られた。
「お前にはバイクに乗りたいという意思が感じられない」「バイク乗る気がないならさっさとやめろ」etc

 

そんなある日、藤岡ひろしが「お前はバイクに乗ることに対して恐怖がある、それをすてるしかない」なんて言い出す訳で当然こっちは「?」ってなる訳ですよ。

 

 

ビックリしたね、いきなりバイクの後ろに乗せられてめちゃくちゃなスピードで運転し始めるからね。
なに時速60キロ以下にすると敵スタンドに追いつかれんの?くらいの勢いだったよね。

 

ただ、藤岡ひろしの荒療治のおかげで「バイクって意外と無茶しても死なないんだな」と謎の自信。
おかげで免許も無事ゲット。

 

 

ただね、配属先がバイクの台数足りてないという残念な場所だったのね。
毎日バイクじゃなくて自転車で回ってる。
ごめんよ、藤岡ひろし。


とりあえず、次回の仮面ライダーはバイクの代わりに自転車乗ってくれ、絶対見るから。