読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実は小説よりも奇なり

非日常的な日常を書いてます

もらえるものは病気以外ならなんでもイタダくぜ

 

確かこのタイトルジョジョの名言であったはず。


あれは確かジャイロがタイムボーナスを狙ってた時のこと。


うろ覚えやけど。

 

タイトル通りいつも色々なものをいただきます。

 

別にいつもなんかくれくれ言ってるわけではないです。
一応名誉のために。

 

仕事の関係でお年寄りのお家に訪問することが多いんで、その時に良かったらこれ持って帰り、食べていきって言ってもらうことが多いのです。

ありがたい話です。

 

一番多いのは、お客さんの家に訪問した際に、コーヒーやお菓子なんかいただくことですね。

ただごくたまに、「何これ?」ってなるようなものをいただくこともあります。

 

 

以下例。

 

 

賞味期限の半年過ぎたコーヒー。

会社の先輩に気づかんとあげたら後でめっちゃ怒られた(笑

 

もういらんからということでもらった、熟女モノのAV。

「ほんまにいらんもの押し付けられた」思いながら会社にバレないように家に持って帰りました(笑

 

あんた良かったらこれ使ってと言ってもらった薬用シャンプー。

まだ髪の毛大丈夫なはずなんだけどな…

 

そして昨日、昔鏡屋してたけどもう引退して邪魔やからということで、学校のトイレにある位の大きさのアンティークの鏡。

思わず「ほんまにいいんですか?」って聞き返したよね
普通に嬉しかったけど持って帰るのめちゃくちゃ大変だった。

 

などなど数え上げればキリがない。

 

そんななか一番印象に残ってるのが、「私、あんたにこれ読んでほしいと思ってこの前かってん。良かったら持って帰って」と言ってもらった「幸せになるための10の法則」という本。(タイトルは若干うろ覚え)

 

確かに友達とかいろんな人から「もっと幸せそうな顔したら」とか「不幸なオーラしか感じない」と言われ続けてきたけど。

 

一応お礼言って持って帰りました(笑

 

その後、その本のおかげか分かんないけど、不幸そうな顔してるとは言われなくなりました。

 

その本一回も読んでないけど(笑